読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dechi

fictions

037.虫の羽音

そういえば週末だった。賑やかな声がここまで聞こえる。



家から通りに出るまでに、綿菓子機の中のように細い糸を

見えない糸を巻き付けながら、やってきたような気分だ。

続きを読む
広告を非表示にする

036.時空を超えて

確かに飲み過ぎた。

でもまだ2次会なのに、みんなでタクシーに押し込めるとはどういう了見だ。僕が主賓だぞ。

気に食わないので、街を少し走っただけで、すぐ降ろしてもらった。
お釣りもちゃんともらった、ような気がする。

続きを読む
広告を非表示にする

035.お菓子を買う

    「どうしたの?1つなら買っていいんだよ」
    諒はお菓子売り場の前で、腕を組んでいる。

    悩んでいることを表現したいのか、「うーん、うーん」と声に出しはじめた。
    なんだろう、2つ欲しいのかな

続きを読む

広告を非表示にする

034.一番星

耳鳴りはしばらくしておさまった。よっぽど具合が悪かったのだろう。
贅沢でもして自分をねぎらいたいが、もう今日は何もしたくない。

 

続きを読む

広告を非表示にする

033.事務所にて

    誰かが階段を上がってくる。音楽を止めると、現れたのは辺見さんだった。

続きを読む

広告を非表示にする

032.そぞろ歩き

 ぼんやりとした陽の光で、遠くの空が白くみえる。

 

続きを読む
広告を非表示にする

031.ほうれん草

 課長は昨日からの二日酔いで、僕が隣に立っても気づかない。

 

 

続きを読む

広告を非表示にする

030.うごけない

そろそろかな、と思ってしまうと、もう、ひんやりした風を足先に感じている。

 

続きを読む
広告を非表示にする

029.防護壁

 だめだ。角煮だ。角煮しかない。昨日の時点でのバックアップをコピーしながら思った。

続きを読む
広告を非表示にする

028.メモをとる

 あわてて廊下に来てから、電話に出た。「もしもし?」白木さんからだった。謄本をもう1社分取って欲しいとのこと。

続きを読む
広告を非表示にする

027.いつも通りの

 

 通り過ぎていく雲の中から、冷たい破片が降ってきて、やがて目を開けていられなくなる。うん。
    それでその里には、太郎やら次郎やらの子ども達が眠っていて、うん。
    静かな夜をもっと静かにして、記憶は降り積もって厚い層になっていく。

続きを読む
広告を非表示にする

026.凍った雲

 静かに玄関の鍵を閉めて、静かに階段を降りて、通りに出る。
 水銀灯はもう消えている。

続きを読む
広告を非表示にする

025.夜に舞う

 送信。ああ、送信してしまった。
 思わず携帯をベッドに放る。



 少なくとも、返事が来るまでは起きていなくては。
 何をして過ごそう。

続きを読む
広告を非表示にする

024.旅先で

 荷物を部屋に置き、外に出たところで、ようやく一息ついた。



「何食べたい?」
「いや、何でもいけます」

 

 

続きを読む
広告を非表示にする

023.割れた人形

 慌てて腕を引っ込めて、カラーボックスを持ち上げて、壁とのすきまを大きくあけて(最初からそうすればよかった)何が落ちたのかを確かめた。


 

続きを読む
広告を非表示にする